スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

神護寺の初秋


神護寺。高雄にある高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山のお寺。山号を高雄山。本尊は薬師如来、開基は和気清麻呂。
境内の一番奥、地蔵院前の展望広場から錦雲峡に向かって投げる「かわらけ投げ」。境内の売店で売られている素焼きの皿「厄除かわらけ」を思いっきり投げて、厄除けを行います。

紅葉の名所というだけでなく かわらけ投げ発祥の地として知られています。
このかわらけ投げは素焼きのお皿を谷底に厄払いを願って投げます。かわらけ(2枚1組) 100円です。ストレスも発散できますよ。

お彼岸を過ぎ、楽になってきました。本格的な観光シーズンの到来となります。

DAIYA * 京北エリア * 20:24 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

高雄神護寺の秋

神護寺。高雄にある高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山。山号を高雄山。本尊は薬師如来さま。春の桜、ツツジ、夏の避暑地、そして秋の紅葉と四季を問わず、自然の饗宴が楽しめる高雄。清滝川流域に広がる「錦雲渓(きんうんけい)」を散策しながら、雄大な秋景色を満喫しましょう。三島由紀夫などの著名人も訪れたという「もみぢ家」で秋の会席を楽しむのもいいでしょう。

紅葉はこれからが本番です。夜間ライトアップも行われています。寒さ対策は万全にして紅葉狩りに出かけてください。

DAIYA * 京北エリア * 18:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

高雄三尾の秋


京都トレイルの北山西部コース(鞍馬・二ノ瀬〜氷室〜沢ノ池〜三尾・清滝)にも入っている高雄三尾(栂尾・高山寺、槙尾・西明寺、高雄・神護寺)は、京都有数の紅葉スポットです。高雄三尾の宗派はいずれも真言宗で、高山寺は真言宗系の単立のお寺、西明寺は真言宗大覚寺派のお寺、神護寺は高野山真言宗遺跡(ゆいせき)のご本山です。その中でも、神護寺の山門の階段下から山門を眺める風景は、四季を問わず絵になります。お日様の微妙な光に照らされ、イロハの色に染められる紅葉の姿は心も色づく感じです。まさに紅葉観光そのものです。

今年の京の秋は、これから色づきます。
DAIYA * 京北エリア * 20:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

神護寺の秋



神護寺、正式名・高雄山神護寺。平安京造営(794年)の造営大夫)であった和気清磨(わけのきよまろ 733〜799)が今の愛宕(あたご)神社の前身・愛宕山白雲寺などとともに建てた愛宕五坊の一つ。 弘法大師は、中国の唐より帰朝後、大同4年(809年)から14年間、このお寺に住持し、真言宗の基礎を築きました。東寺や高野山金剛峰寺と並ぶ霊刹として名高いお寺です。  
階段したから望む神護寺の門、紅葉がこれからさらに色を染めてきます。
DAIYA * 京北エリア * 15:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

高山寺の春


高雄・高山寺。山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗系の単立のお寺。境内が国の史跡に指定、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録。高山寺の開祖明恵上人はお茶で有名な高僧。栄西禅師が中国から持ち帰った茶種を明恵上人が植えたという日本最古の茶園の伝承があります。
これから三つ葉つつじ、山桜、そして新緑を眺めながら、一服すると命が芽生えるような感じがします。

DAIYA * 京北エリア * 20:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

常照皇寺の春


常照皇寺は、光厳(こうごん)法皇によって貞治(じょうじ)元年(1362年)に開かれ、歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりのある臨済宗天竜寺派に属する禅寺。国の天然記念物の「九重桜」をはじめ、御所から株分けしたといわれる「左近の桜」、一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」など名木で有名です。境内までの山道はやや険しいですが、その分、禅寺の雰囲気があるお寺です。
これからが山里の桜の季節到来です。
DAIYA * 京北エリア * 21:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

神護寺の秋

JUGEMテーマ:旅行
神護寺、高雄にある高野山真言宗遺跡(ゆいせき)本山、山号を高雄山。本尊は薬師如来、開基は和気清麻呂。今年が弘法大師空海の入山1200年。さまざまなイベントも開催されています。

高雄は一足先に秋が訪づれます。

DAIYA * 京北エリア * 20:30 * comments(0) * trackbacks(2) * pookmark

愛宕寺(おたぎ)の秋

JUGEMテーマ:旅行


愛宕寺、
嵯峨野にある天台宗に属し、別名、千二百羅漢のお寺。愛宕山参道の山麓の入り口に位置する嵯峨野めぐりの始発点。
奈良時代の末、聖武天皇の娘の称徳天皇がこの「愛宕(おたぎ)」の地にお寺を建てたため、以降、「愛宕寺」と云われてきました。その後、平安時代の初めに、鴨川の洪水で全て流され廃寺となり、その復興を命じられた天台宗の僧・千観 は、いつも念仏を唱えていたことから、民衆から「念仏上人」と呼ばれ、そのため寺名を「愛宕念仏寺」と呼ばれるようになりました。

石像千二百羅漢が境内に置かれていますが、参拝者が自ら彫って奉納する「昭和の羅漢彫り」が、当時の住職の呼びかけで始まったのは1981年のことです。当初は五百体が目標でしたが、10年後には千二百体に達しました。それも、今ではしっかりと苔むし、風情があります。

アニメのキャラクターに似ている羅漢さんもいますよ。ほっこりとさせてくれます。

DAIYA * 京北エリア * 18:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

北山・常照皇寺の春

常照皇寺、臨済宗天龍寺派の皇室ゆかりのお寺。高雄から北山杉の周山街道を経由して、車で約1時間程度の京北町の山里にあるお寺です。貞治元年(1362)に光厳法皇が開いた古刹で、天然記念物に指定された九重桜、御車返桜が有名です。また、近くの福徳寺、魚ヶ渕のつり橋、百年桜もお奨めです。
空気も美味しく、これからは新緑が映えてきます。
DAIYA * 京北エリア * 21:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

愛宕念仏寺の初冬

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)、嵯峨野にある天台宗のお寺。別名千二百羅漢の寺。愛宕山参道の山麓の入り口に位置する嵯峨野めぐりの始発点です。
奈良時代の末、今から約1240年前に、聖武天皇の娘の称徳天皇が愛宕(おたぎ)の地にお寺を建てたため、以降、「愛宕寺」と云われてきました。
その後、平安時代の初めに、鴨川の洪水で全て流され廃寺となり、その復興を命じられた天台宗の僧・千観 (918〜984) は、いつも念仏を唱えていたことから、民衆から「念仏聖人」と呼ばれ、そのため寺名を「愛宕念仏寺」と呼ばれるようになりました。
石像千二百羅漢が境内に置かれていますが、参拝者が自ら彫って奉納する「昭和の羅漢彫り」が、当時の住職の西村公朝僧侶の呼びかけで始まったのは1981年のことです。当初は五百体が目標でしたが、10年後には千二百体に達しました。誰かに似ている羅漢さんがきっと見つかるはずです。

今年も、残り半月となりました。昨日は漢字の日(12/12)、今年、一年の世相を表わす字は「変」。清水さんの境内で発表されました。いい意味で、変化の結果を来年に期待したいものです。安定感のある社会が訪づれますように・・・そして、今年もご先祖様へ感謝を込め合掌。
DAIYA * 京北エリア * 22:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ