スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

美山の里・雪灯篭




美山茅葺の里。京都南丹市美山町。旧、北桑田郡。豊かな緑と清流由良川を持つ自然美豊かな農山。
川に沿って建てられた民家のうちおよそ250棟は、昔ながらの茅葺き民家で、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定。

この冬も新春から1月31日(土)から本日まで雪
灯篭が、夕方から開催されていました。雪が珍しい南の国のお客様やお子さんたちなどが楽しんでいました。でも、寒いので毛糸の帽子、手袋とカイロは必需です。

豪雪地帯の方々には、多分、雪が観光になることを理解できないかもしれませんよね。でも、札幌雪祭りもありますしね。


DAIYA * 美山エリア * 08:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

美山かやぶきの里の新春


かやぶきの里・北村地区。日本の原風景を残す村で、
1993年(平成5年)に、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定。
集落内の住宅は山麓の傾斜地を整地して建てられており、宅地正面に石垣を築く様式。現存している茅葺き屋根の家屋の多くが江戸時代中頃から末期にかけて建てられたもので、「北山型民家」に分類されています
この村は50戸ほどの集落で、うち38戸が茅葺き屋根となっています。

【第10回 かやぶきの里雪灯廊】
かやぶきの里の雪景色と、手づくりの雪灯籠…夕刻からはかやぶき民家のライトアップが幻想的な風景を作り出します。 
期間:平成26年1月25日(土)〜2月1日(土)
時 間:
午後3時〜雪灯篭づくり開始
午後5時〜8時 雪灯篭点灯、かやぶき民家ライトアップ

冬の花火打上げ
1月25日(土)、2月1日(土) 午後6時30分〜 


DAIYA * 美山エリア * 20:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

美山の春


美山の茅葺の里。周山街道で高雄を通過し、北山杉の里、小野郷を抜け、由良川沿いに走ると 「美山・かやぶきの里・北村地区」があります。茅葺の家と桜、日本の原点です。のんびりと散策したいものです。薬草風呂も近くにあり、さっぱりと爽快気分で帰路となりました。
今年も美山にも春が来ました。
DAIYA * 美山エリア * 22:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

美山・北村地区の晩秋

JUGEMテーマ:旅行


美山の茅葺の里。周山街道で高雄を通過し、北山杉の里、小野郷を抜け、由良川沿いに走ると 「美山・かやぶきの里・北村地区」があります。美山北村地区は谷間のゆるい傾斜地に密集した山村で、現在、50戸のうち32戸の茅葺が点在しています。昭和40年頃までは、京都の北部には多くの茅葺の家が点在していたものです。1993年(平成5年)に、この集落全体が、文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。まさに日本の故郷でしょう。もうすぐ、雪囲いの季節となります。

兎追ひし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷
 
如何にいます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出(い)づる 故郷

志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
 水は清き 故郷

DAIYA * 美山エリア * 20:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

清源寺の春


京都府南丹市にある曹洞宗金龍山清源寺。市内から京都縦貫高速道路利用で30分程度の田園風景が広がる八木町にあるお寺。木喰上人(もくじきしょうにん)によって彫られた仏像の傑作22体を擁することから木喰羅漢寺とも言われています。木喰上人は、五穀や十穀を断つ苦行を行う木喰戒を、45歳から93歳で没するまで生涯それを続けたと云います。また、同上人が江戸時代末期に全国を流浪しながら彫った仏像は 全国各地に残されています。その中でも、最高傑作だとされているのが、ここ八木の清源寺にある十六羅漢像と云われています。厳しさの中にもウィットの富んだ優しい羅漢さんに出会えます。
DAIYA * 美山エリア * 16:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

美しい日本の夏・美山

立秋とは、名ばかりの夏真っ盛りの京都です。残暑お見舞い申し上げます。
京都府美山町北村地区。現在50戸中38戸がかやぶき屋根の建築の集落です。
かやぶき建築数は岐阜県白川村荻町・福島県下郷村大内宿に次ぐ全国第3位、平成5年12月、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受け、「美しい日本」を守っています。

日本の多くの村に点在していた茅葺の家がトタンで覆われ、その姿を変えてきました。あぜ道でさえもアスファルト舗装され、メダカやドジョウ、蛍などが棲む小川も失われてきました。生活は確かに便利となりましたが、大切なものを失ってきたような気がします。

ここ美山の地を訪れる度に、真の「美しい国・日本」とは何か、問われているような気がしてきます。
DAIYA * 美山エリア * 09:21 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

美山の夏

今日24日、梅雨明け宣言がありました。昨年よりは早かったですが、それでも例年より、やや遅い梅雨明けとなりました。昨日までは、朝晩、涼しくとても過ごしやすかったですが、今晩あたりから蒸し暑い夜が続きそうです。
そんな京の夏には、涼を求めて山深い美山に繰り出すのもお奨めです。由良川の棲んだ流れや川面のせせらぎの音が、気持ちいいものです。マイナスイオンを浴びて、身も心もリフレッシュします。
日本の原風景、それこそ、美しい日本がここ京都美山にはありますよ。市内から車で90分程度です。途中、高雄や北山小野郷など巡りながら、そしてこの季節、鮎料理を楽しみながら行くのもいいでしょう。
DAIYA * 美山エリア * 21:02 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark
このページの先頭へ