<< 神護寺の初秋 | main | 銀閣寺の秋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

圓光寺の初秋


圓光寺。詩仙堂から北へ徒歩5分ほどのところにある臨済宗南禅寺派のお寺。慶長5年(1600)、学校として徳川家康が伏見で起こしたのが始まり。伏見にあった頃の圓光寺は、足利学校の臨済宗の僧、三要元佶(さんようげんきつ)・閑室を招き、文教事業に傾注。特に朝鮮から輸入した木版活字を使った書籍の出版活動をしていたことで有名。圓光寺には今も伏見版木活字が多く残り、陳列されています。
「十牛の庭」と呼ばれる庭園は、初夏の青葉や秋の紅葉の風景が楽しめます。また洛北で最も古いと言われる栖龍池(せいりゅうち)や水琴窟があり、名庭となっています。

DAIYA * 洛東エリア * 20:43 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:43 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ